やきもの用語データベース 和食器・器・やきもの用語を網羅

色絵【いろえ】

· カテゴリー

色絵は本焼後に上絵具で絵付をし、専用の絵付窯を使い700~800度の低火度で焼成したものです。
下絵付染付上絵付色絵を組み合わせたものが染錦で、

さらに金彩を加え200~300度で焼き付けたものを金襴手と呼びます。

 

>>色絵の商品一覧はこちら

 

 

代表的な有名作品

色絵磁器

色絵石楠花躑躅文皿【いろえしゃくなげつつじもんざら】

色鍋島特有の藍・赤・緑・黄の四色の色づかい。

染錦手の一つ。鍋島様式 江戸時代 口径20.3cm  佐賀県立九州陶磁文化館蔵

 

金襴手

色絵金襴手 荒磯絵鉢

染錦手に金彩をを加えた豪華絢爛な傑作。

古伊万里様式 江戸時代 口径24.7cm

 

色絵陶器

仁阿弥道八【じんあみどうはち】 色絵雲錦手四方鉢【うんきんでしほうばち】

桜と紅葉を内外面に描いた鮮やかな色絵陶器

江戸時代 口径15.4cm 野村美術館蔵

 

染錦

色絵松竹梅分輪花鉢

八稜花形に染付と上絵を併用して松竹梅を表す。

柿右衛門様式 江戸時代 口径19.2cm 佐賀県立九州陶磁文化館蔵

 

 

Tags: ,